述式の問題は、苦手意識を持っている人がと〜っても多いです!

そんな人のために、記述式の対策にしぼって特訓するのにちょうどいい教材を紹介します。

だ、基礎知識がまだきちんと頭の中に入っていないという段階では、
いくら記述問題の練習をしたところで、正しい答案が書けるようにはなりません。

まずは合格基本書や過去問題集などで、基礎知識をしっかりと身につけてから、
それでも記述問題に対して不安を感じているという場合に限り、
以下の教材を使用すると良いでしょう。

既に頭脳にインプットしてある基礎知識を、どのようにして簡潔な日本語で表現するか。
この表現力、記述力を養うためには、実際に自分で答案を作ってみることが役立ちます。



多くの行政書士受験生が使用。

他の行政書士受験生に差をつける。