ステップ 〜 2ヶ月目の勉強法 〜

いよいよ本格的な勉強が始まるのが2ヶ月目です。
ここを乗り越えられるかどうかが、合否の鍵を握るキーポイントです。
苦しいかもしれませんが、もはや引き返せませんので、
合格目指して最後まで歩いていきましょう。

上旬は、この本を使ってください。
これは、行政書士試験で過去に出題された問題を集めた本です。
でも、問題を紹介するだけではなくて、解説がついているというところが大切です。
問題文を読んで、どれが正解だと思うか、見当をつけてから解説を読む。
そんなふうにして最初から最後まで読み進めていってください。

中旬も、つづきをやってください。上旬だけでは終わりきらなかったと思います。
初めて取り組む過去問題ですから、今回はチェックはしなくていいです。
2回目に取り組むときからは、チェックするようにしてください。
チェックとは、自力で正解することができた問題に印をつけていくということです。

下旬は、まだ終わっていなかったら続きをやり、終わっていたら、ここで
行政法の条文を読みます。でも、六法全書は必要ありません。
インターネットで公開されていますので、それをプリントアウトすれば十分です。
これを読むと、条文そのままという問題も多かったことを実感するでしょう。
そして、2回目に入ります。同じ本を使って、チェックしながらやってみてください。
 


法令分野の過去問題集です。

一般知識分野の過去問題集です。