15:05 次はメインイベント!配点が非常に大きい、40字程度の記述式の問題が3題あります。ここも、出題分野としては行政法や民法などにわたり、どれか1つと決まっているわけではありません。マス目がついている下書きスペースもあって本格的です。とりあえず思いつくまま単語を書き出して、それから文章にまとめました。

15:25 最後はまた、5つの選択肢の中から1つの答えを選ぶ、選択式の問題です。でも、こちらは法律の枠を飛び出して一般常識の分野からの出題。政治・経済・社会・文化などなど多岐にわたります。時事問題に詳しい人は有利になりますね。・・・なんて余裕そうに書いてますが、当日は手のひらに汗をかくほど焦っていました。自信を持って答えられる問題が少なかったからです。他ができていれば大丈夫だと思うかもしれませんが、そうではありません。たとえ他が満点でも、この一般常識の問題で規定の点数を下回ってしまえば、それだけでもう不合格になってしまうからです。ここで落ちるわけにはいかないので、じっくり時間をかけて考えました。
 


試験問題冊子の表紙です

15:55 残った時間で、後回しにしておいた難問にもう一度取り組んでみようと思っていたのですが、ほとんど時間が残っていません!マークシートの塗りつぶし間違いがないことを確かめるだけで精一杯でした。

16:00 試験終了!ほっと一息。解答用紙を、後ろから前にまわして集めるようにとの指示がありました。しばらくして「おねがいします。」と、後ろの席の人がぼくに声をかけました。今までたくさん試験を受けてきましたが、解答用紙を集める時にこんなふうに声をかけられる丁寧で配慮のある人は見たことがありませんでした。つられて自分も前の人にわたすときに「おねがいします。」と言ってしまいました。

16:05 集め終わると、みんなすぐに席をたって教室の外に出ます。一刻も早く正解が知りたいのでしょうか?ぼくも今、とても正解が知りたい気分です!持ってきた本をとりだして、あやふやなまま解答してしまったところを確認しました。どうやらだいじょうぶだったようです。

16:15 外に出るとなんと、大学の前に受験生を迎えに来たと思われる自動車の行列が!雨が降っていたこともあり、大混雑です。ぼくはバス停のほうに向かいます。するとそこでは資格予備校のかたがパンフレットを配布しています。解答速報?と思ってもらってみましたが、違いました。夕方6時から校舎で答えあわせをするからうち来ない?という案内でした。大学受験のときは試験会場を出たその場で模範解答が配られていたので、それと比べるとちょっと遅いなあと思いましたが、それでも当日のうちに答えを知ることができるのはうれしいです。ぜひ行きたいと思いました。

16:20 行きと同様満員のバスに乗って駅まで帰ります。やっと試験から解放されたというのに、みんな静かです。「あそこできた?」「やばいできなかった!」なんていう会話はありません。さすが社会人です。