Question

(T.M様より頂きましたお便りです。ありがとうございました!)

こんにちは。これから3か月で合格を目指そうと考えています。 一ヶ月目の学習計画で、「合格基本書」を下旬で読むと書いてあります。しかし、どう考えても下旬だけで読み切ることができないような気がします…。 さらっと読む感じで良いのでしょうか??それだとなんだか全然頭にはいらないような気がして…。なにせ法律はほぼ初心者なので、理解がしずらいです。。 お忙しいとは思いますが、返信よろしくお願いします。

Answer

こんにちは、「予算1万円、3ヶ月で行政書士試験に合格するサイト」の羽林サトルと申します。 メールどうもありがとうございました。 「合格基本書」は、全てを完ぺきに暗記しようとして読むという読み方では、仰る通り下旬だけでは読みきれません。 しかし、意味を理解せずにさらっと読むだけでは、全く頭に入らないというのも、全く仰る通りだと思います。 法律の初心者でも「合格基本書」を理解しやすくするために、一ヶ月目の上旬で「初歩の初歩」という本を読む事にしていますので、これを読んでいれば、「合格基本書」の内容にスムーズに入ってゆけるようになります。 すると、意味を理解せずにさらっと読むのではなく、意味を理解しながら、しかし丸暗記しようとするのではない読み方ができるようになりますので、下旬で読み通すことができるようになります。 それでも、もしも不安だということであれば、中旬の休み期間から「合格基本書」を読み始めていただいてもだいじょうぶです。

Question

返信ありがとうございます!!了解しました。

初歩の初歩はざっと読んで、心配なので、上旬から合格基本書を読んでいるのです が、判例の部分の理解が少し難しい用語もあったりしてなかなか進まず…。勉強しな れてないと集中力が続かず、頭に入りにくくてだめですね(笑)でもコツコツ(←苦 手ですが)やっていきます!

あともうふたつ質問なんですが、
@合格基本書を読んでいるときに、憲法の章などで「15条2項」などと文章中によ く書いてあるのですが、これは六法をひいてみたほうがいいですか??幸福追求権1 3条などはちゃんと大々的にテキストに条文を載せてるのですが、そういうのだけを 覚えればいいのでしょうか??

A記述式の対策なんですが、私は記述が特に苦手なんです…。なので、なにかよい対 策&テキストがあれば教えてください…。

返信よろしくお願いいたします。。

Answerを見る